"/> 今日のユース~春を好きになりました~ | 尼崎市立ユース交流センター

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う当施設の利用に関して

平素よりお世話になっております。
新型コロナウイルス感染症の拡大を防止に伴うまん延防止等重点措置区域における対策を受けて、尼崎市立ユース交流センターでは、6月21日以降の利用方法を一部変更し、 運営を行います。

<利用上の主な要件・留意点等>
(1)開館時間の変更
 開館時間が20時までとなります。(貸室及び図書コーナーを含む)
 ※図書コーナーで本の閲覧も可能です。
 ※日曜日及び祝日は通常通り17時までとなります。
 
(2) 飲食スペースの制限
 オープンラウンジ、貸室については、飲食(貸室については飲み物のみ)をご利用いただけましたが、感染拡大に伴い、飲食については、アマブラリ3階のフリースペースのみに限定させていただきます。
また、フリースペースについては、飲食スペースとして開放させていただきます。雑談や学習等はできませんので、改めてご了承ください。

(3) 音楽スタジオの利用制限
 音楽スタジオについては、密閉空間を伴うことから、コーラス等の歌を歌うなどの行為を利用制限をさせていただいておりましたが、コーラス等にあわせて吹奏楽器の使用についても制限させていただきます。

その他の感染症対策については継続して実施致します。詳細はお知らせページをご確認ください。

利用される皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。
今後、感染状況等によって変更になる可能性もありますので、その場合は追ってご連絡いたします。

【お問い合わせ】
メール:info@youthconso.jp

BLOGブログ

今日のユース~春を好きになりました~

尼崎市立ユース交流センターの今井です。

春について書こう。
そんなテーマで始まった職員のリレー投稿。

全さん→森さん→ありさと回ってきたので、3人の投稿を読んでみると、みなさんが春に色んな思いを寄せているのに少し驚きました。

僕は、比較的感情が少ない人間で、桜が綺麗だとか、春が心地いいだとか、卒業が寂しいだとか、新生活が楽しみだとか、あまりそのような気持ちになりません。

書いていて寂しくなりますね。

思わないわけではないのですが、そんなことを考える前に春が終わっているという感じです。

でも、お花見は好きです。

桜にはあまり興味がないのですが、友達や家族と楽しいねと言いながら集まれる時間はとても好きです。

僕は春が好きなのかもしれません。

でも、春を感じた時にお花見がしたいと思い、計画をしますが、毎年4月中旬とかになってしまいます。

僕が花見を楽しもうとするころには、桜は散っています。

花は散っても花見はしよう。

そんなことをこの10年ぐらい言っている気がします。

桜がなくてもいいので、別に春が好きではないのかもしれません。

春も可哀想ですよね。

春=さくら

みたいなイメージをつけられて。

そう思い、Google先生に聞いてみると、
花見

入学
卒業
出会い
別れ

が、春のイメージとして挙げられるそうです。

結局、春は、桜と人の気持ちでしか季節感を表されていないのかもしれません。

なんだか、春が好きになってきました。

シェア

Latest posts過去の投稿

ACCESSアクセス

住所:

尼崎市若王寺2丁目18番4号 あまがさき・ひと咲きプラザ内

アクセス方法:

【徒歩でお越しの場合】阪急園田駅から徒歩15分

【バスでお越しの場合】阪神バス「百合学院」下車すぐ