"/> 【実施報告】ギター講座 11/27 | 尼崎市立ユース交流センター

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う当施設の利用に関して

平素よりお世話になっております。
新型コロナウイルス感染症の拡大を防止に伴う緊急事態宣言を受けて、尼崎市立ユース交流センターでは、10月8日以降の利用方法を一部変更し、 運営を行います。

<利用上の主な要件・留意点等>
【館内での利用人数制限】
■貸室
大声での歓声・声援等がない場合は、定員まで利用可能。
大声での歓声・声援等がある場合は、定員の50%。

■オープンラウンジ・学習室・フリースペース・図書コーナー
感染予防対策を講じた上で、利用人数制限を緩和し通常通りとします。

【お問い合わせ】
メール:info@youthconso.jp

BLOGブログ

【実施報告】ギター講座 11/27

みなさんこんにちは〜 スタッフのタカラです!
昨日実施したギター講座の報告をしたいと思います! 今回は4人が参加してくれました。
最近、参加者が増えてきてとても嬉しいです!この調子で頑張っていきます!

まず、初めに実際にライブハウスにあるアンプを使って音作りに挑戦しました。
「音作り」(サウンドメイク)とは、曲や演奏フレーズをより良くするためにギター本体、アンプ、エフェクターなどの組み合わせを工夫し、目的のサウンドを模索・実現する事を言います。
そして「音作り」とは「演奏する」のと同じくらい面白く、重要なエレキ楽器の醍醐味です!
実際に先生のギターとアンプ、ユースにあるギターとアンプの音を聴き比べて、音の大切さについて学びました。
私もライブやスタジオなどで演奏する際、音作りを毎回意識しているのですが、やはりいい音を作れた時はいい演奏ができたなと感じることが多いです!
独学で音作りについて学ぶことが難しいと感じたら、ギター講座に参加してみることをおすすめします!

 

 

次に、経験者と初心者に分かれてギター練習をしました。 経験者チーム2名はGreen Dayの「Basket Case」を合わせました。かずくんがベースを担当し、参加者1名がドラムを担当、もう1人がギターを担当しました!初めて合わせたのにも関わらず、一つの音楽になっていてとても感動しました。1人で練習するのとみんなで合わせるのとでは感覚が違って楽しかったと言ってくれました!

 

 

初心者チームは椎名林檎の「丸の内サディステック」をアコースティックギターで練習しました。Fコードにやはり苦戦しました。これを乗り越えたら他の曲も演奏できるようになるので今は大変ですが、引き続き頑張っていきましょう! それでは、来週のギター講座は12/12(日)14-16時です!いつもと曜日と時間が違うので気をつけてくださいね!皆さんのご参加お待ちしています!それでは^_^

シェア

Latest posts過去の投稿

ACCESSアクセス

住所:

尼崎市若王寺2丁目18番4号 あまがさき・ひと咲きプラザ内

アクセス方法:

【徒歩でお越しの場合】阪急園田駅から徒歩15分

【バスでお越しの場合】阪神バス「百合学院」下車すぐ