"/> #28 ユースセンターがある生活「日常の中にユースセンターがある生活」@片岡 | 尼崎市立ユース交流センター

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う当施設の利用に関して

平素よりお世話になっております。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴い、
ユース交流センターでは、以下の感染対策を徹底しながら運営を進めて参ります。

利用される皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。
また、今後は感染状況等によって変更になる可能性もありますので、その場合は追ってご連絡いたします。

       

【ユース交流センターの新型コロナウイルス感染症対策について】
「尼崎市立ユース交流センターの新型コロナ対策について」をご確認ください。


【お問い合わせ】
メール:info@youthconso.jp

BLOGブログ

#28 ユースセンターがある生活「日常の中にユースセンターがある生活」@片岡

20240612「日常の中にユースセンターがある生活」

ユース交流センターは「ユース」という名前が入っているからか、よく「大人の人は入れないんですか?」と質問されることがあります。

結論から言うと、そんなことはない!

他の自治体などでは、「中高生に特化しているので、中高生しか利用できません」というところもあるが、尼崎の場合は、青少年が主な利用となってはいるものの、その他の年代の方が施設を過ごすことができるのです。

今日はそんな大人(保護者の方)との会話をご紹介したい。

ユース交流センターがある「あまがさき・ひと咲きプラザ」内には、バスケットコートがあります。いくしあの所有物になっているのですが、こちらからお願いして、平日の夕方や土日はユース交流センターの利用者にも利用できるようにしてもらっています。

そんなバスケットコートにほぼ毎週バスケをしにくる親子のお話。

ゴールデンウィーク中もほぼ毎日来ているので、利用する際に受付で「GWどこかいかないんですか?」という世間話をしてみました。

「どこか行きたいんですけど、息子が毎日ここでバスケするのをいつも楽しみにしているんですよ!」「安上がりでいいですね!」「たまにはどこか行きたいんですけどね」と会話は続いたが、ふとなんかいいなと感じた。
いいなと思ったのは、おそらく、
・ユースセンターが遊び(余暇)の施設として活用され、
・やりたいことをやる空間になっていて、
・それをサポートする大人がいる
ことなんだろうなと。

このブログのタイトルの通り、「ユースセンターがある生活」が日常の中に入り込んでいるんだ!と感じたからだ。ユースセンターの職員としても、一人の父親としても、こういう場や関係をもっと作っていきたいのです。
(片岡)

シェア

Latest posts過去の投稿

ACCESSアクセス

住所:

尼崎市若王寺2丁目18番4号 あまがさき・ひと咲きプラザ内

アクセス方法:

【徒歩でお越しの場合】阪急園田駅から徒歩15分 
【バスでお越しの場合】阪神バス「百合学院」下車すぐ

 
 
開館日・休館日:

【開館日】火曜日~土曜日:午前9時~午後9時  
                    日曜日・祝日・振替休日:午前9時~午後5時 
【休館日】月曜日(祝日の場合は開館)・年末年始

 
 
連絡先:
             

【TEL】06-6423-7788  【FAX】06-6409-4551 
【E-mail】info@youthconso.jp